杉の泊いぬ日記 ・ 2

<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧




バセットハウンド 禄 母さんニャ?

犬父曰く、あっという間にすっかりお兄ちゃんのお顔になったね~ネコさん





顔も体も小さいのでメスの成猫かと思っていましたが・・ついてまして。
更に、ご近所から情報を収集したところによると、
どうも6月頃杉の泊のとあるお家の蔵にダンボールに入れられて捨てられてた仔猫じゃろうと・・。
つまりまだ6ヶ月くらいのオスの仔猫かと。


このところ杉の泊はすっかり寒くなって、夕方には10℃をきる日もあるので何とか家に入れてやりたいんですが。
うちの犬たちってば全く情けなくて。
特に バセットハウンド 禄はネコが台所の戸の外に来てるだけで気が気じゃありません。


えへへ。
良い事思いついちゃいましてね♪
お散歩中、オヤツをあげる時、ネコの声を出す事にしてみました。
禄~って呼び戻すときにニャ~。
禄はネコがいるかと周りをキョロキョロ見回したりします。

オヤツ出すときもニャ~。
不思議で仕方ないらしく

首をかしげてわたしを見ます。



禄、ネコさん怖くないからお家に入ってもらおうよ。
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-30 16:37 | バセットハウンドのお話し

ジャックラッセルテリア 凡 満足お昼寝

杉の泊でのお散歩中、訓練中の戦闘機の音に動けなくなってしまう ジャックラッセルテリア 凡のために
先週の土曜日、リーダー製作のスリングを購入。
売上は広島動物管理センターから保護した犬たちのために使います!





その後もバタバタしてて、今日やっとスリングを持ってお散歩に。
往路は頑張って歩いてもらいますが、
帰り道は・・毎度あまりのビビリ具合に負けて抱っこしてしまいます。


スリングに活躍していただきましたよ。




抱っこされながらもまだちょっとドキドキ。




なんですが、
なぜか下々の犬たちを監督しているようにも見えてひとり笑ってしまう犬母でした。




凡はもうすぐ3才ですが、


抱っこされると眠くなってしまうんです( ̄w ̄) ぷっ




そして何故か、顔を隠して寝ます。

抱っこで眠る 人年齢28才。


如何なものかと。


ま、満足してもらえればそれで良し。
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-28 20:08 | バセットハウンドのお話し

障害物からオモチャに進化

先週の木曜のことですが、夕方暗くなってから郵便やさんが荷物を持ってこられて、玄関先でちょっと立ち話をしました。
方耳は郵便やさんとの会話に、
もう方耳は、相変わらずの部屋の中のどっかんどっかんの騒ぎに・・で。

ぴたっと、どっかんどっかんが止んだのでいや~な予感を胸に家に入ると




一休くんが噛んでるの何かしらね~?
って


これじゃ~



いや~、罵詈雑言が聞こえてくるようですね~。
壱万円も掛けて凡の遊び場を作って、しかも10日で破壊されたわけですから(T▽T)アハハ!


といっても、







こんな感じで放置されてきましたから

今やただの 障害物

デカ過ぎて邪魔になる・・との意見を犬のためじゃ!と却下され、仕事で疲れた身体に鞭打って製作してくれた犬父・・ごめんなさい( ̄∇ ̄;)
材料費も犬父負担
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-27 07:53 | いぬ日記

故郷は遠くにありて・・

犬父、母揃って、朝7:30集合でお昼2:30頃まで、お宮で秋祭りと神楽の準備。
その後は神楽用の買い物他。
犬たちはお散歩ナシでお留守番、じゃぁかわいそうなので一緒に出掛けました。

杉の泊からは1時間くらい。
20分くらいで私用を済ませた後、すぐ近くの「道の駅」 豊平どんぐり村へ。
ここはアジリティ、エクストリーム競技会や他の犬イベントも催されます。
犬連れで遊べて、食事に温泉、地元の野菜や手作りパン等お買い物を楽しんで、自然を満喫できるんです。

が・・












なんですかうちの犬たちってば・・
花のお江戸にでも来た様子。



やっぱり杉の泊が暢気で良いです



そうじゃね。
あしたはゆっくり杉の泊でお散歩しようね。
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-26 23:40 | いぬ日記

どさくさまぎれの犬祭り

ある日、ブログを見てくださってる方から1通のメールをいただきました。

いつも、ブログを拝見しています、
我が家は、鶏肉専門店を、していますので、ワンちゃん達に、お肉を送りたいのです・・
ぜひぜひ、遠慮なさらずに、


遠慮なんて・・滅相もございません!
まとめてリーダー家に送っていただいて
広島動物管理センターから出して、一時預りさん宅で保護中の犬たちそれぞれに届ける事に(リーダーが)。

あらら!? これぞ愛の贈り物だわ♪
このところバタバタしてて犬たちには我慢させてる事が多いので早速愉快な仲間たちにメールしました。

ところで、土曜日午後から犬連れで遊んでもらえないかしら?

ということで、この日午後から予定だったお祭り準備を朝イチに変更してもらって
久しぶりに行ってきました、あの丘のドッグラン。


またまたデカくなったダンボ家のリン。

顔を合わせる機会が多い熟女&部長とは大の仲良し








犬のみなさん、久しぶりだったからですか?
なにやら不思議な現象もあちこちで見られました。

お嬢がね。
遊んだんですよ、犬と。
ここ4、5回、お嬢はビビを誘ってくれる事があったんです。
でも、ビビがその気になると・・ ダメ、まだちょっとわたしには無理だわって。
でも、今回はなんだかどさくさに紛れてビビを追いかけ始めたのが部長を追っかけて走ったりなんかして。
今回突然だったのでカメラが間に合わなくて残念!


更にどさくさに紛れてこんなこととかね。



ま、ここはさらっと流していただく事として


それぞれ楽しそうに






遊んでくれてなにより。






なにより。



お肉を送ってくださったのは幸介くんのお父さん、お母さんです。
お肉を送る、とメールを下さったとき譲渡会で会ったボラを捜しているとは仰いませんでした。
その後の遣り取りで「もし、機会があったら・・」とお話しされた事です。
ご自宅では幸介くん以外の保護犬たちの面倒も見られています。
こんなお宅の家族になれた幸介くん、本当に幸せですね。

[PR]



by kubifurobo | 2008-10-25 19:13 | いぬ日記

ようこそ・・じゃない!!

夕べからお客さまがありまして。
なんだかバタバタソワソワしている犬母ことわたくし。

犬父の帰宅に犬たちが大騒ぎの中、台所に続く納屋との間の戸の向こうから呼ばれましてね。
ひとまず、夕飯を召し上がっていただきまして。
で、先ほど朝食を召し上がっていただいたんです。
お客さまに失礼とは思いますが家の中に入っていただくわけにいかず。


だって、虎視眈々・・ならぬ


犬視眈々




でも、それでも いれてよ~ なでてよ~と連呼されるのはこの方。


入っていい?




わたしとしては吝かじゃございませんが。
かといって、

挨拶はしなくて良い!



迷子の迷子の子猫(成猫だけど)ちゃ~ん・・あなたのお家はどこですか~~?

だって、狙っとるんじゃもん。


凡、近すぎるぞ!!


近づき過ぎてピンぼけ



なんちゃって猟犬たちが┐(´-`)┌
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-24 08:15 | 犬友達

ひろしまドッグぱーく ボランティアに参加していた女性を探しています

【お知らせ】第1回フリマご報告 ←クリックしてください


2006年10月22日・23日
閉園していた犬のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」に残されていた犬たちの譲渡会が行われました。
たくさんの犬たちが終世の家族のもとへ戻っていきました。
あの日から2年。
暖かい家族と幸せな時を過ごす犬たち。



劣悪な環境で生きてきた犬たちの中にはすでに、
暖かい家族の腕の中、空へと旅立った命もあります。


犬たちはもちろん、かかわった人々にもそれに纏わるさまざまな物語が生まれました。

。。。

この譲渡会で1匹のシーズーを家族に迎えられた方が、譲渡会のとき出会った女性を探されています。

現在の名前は 幸介くん。



ドッグぱーくで過ごしていた時、片目は栄養失調のため眼球が萎縮し
もう片方はは眼圧が上がり目が腫れてしまいました。
すでに失明していたそうです。

幸介くんは今、九州でお婆ちゃま、お父さん、お母さん、同じような運命をたどって来た犬たちと幸せに暮らしています。


遠く九州を22日の夜、仕事を終えてから出発、6時間掛けてドッグぱーくに辿り着いたお母さんは
23日の譲渡会受付係り?(犬担当?)の女性に「一番状態の悪い仔をつれて帰りたい」と言われたそうです。
受付係り?の女性はお母さんをA-1-33?のシーズのもとへ案内しました。
幸介くんを連れて帰ろうと決めたお母さんは、隣にいる同じ症状のマルチーズ?を見捨てる気になれませんでした。
そこで、ボランティアの女性に強く「2匹を連れて帰りたい」と訴えたそうです。
ボランティア女性は受付にいた、ボランティアに参加していた団体のスタッフと思われる男性に
お母さんの希望を伝えました。
「2頭を連れて帰りたい」というお母さんの希望を伝えたボランティア女性はスタッフと思われる男性に厳しい口調で咎められたそうです。
犬たちの幸せを第一に、譲渡を希望する全ての人に公平な条件で譲渡が行われるようにきちんとしたルールが設けられ、周知徹底されていましたからこれもいたし方ないことではあります。
けれども、お母さんはそんな事情はご存知ではありません。

お母さんがお願いしたせいで叱られてしまった、ぜひ誤りたいと、胸に引っかかっておられるようです。
なにより、「そのボランティアの女性がとても感じが良くて親切だった、一言お礼が言いたい」と仰っています。


同じくドッグぱーくの犬たちの支援に携わった者としてとても嬉しいお話しです。
それと同時に、幸助くんのお母さんの気持ちもとてもよく分かります。


お心当たりの方はおられませんでしょうか?
また、当日このような現場を目にされた方はおられませんでしょうか?






ボランティアに参加していた方を探しています。


    ◎ 10月23日(日) 譲渡会2日目
    ◎ 女性
    ◎ 痩せ型で 身長155cm~160cmくらい
    ◎ 30歳~40歳くらい
    ◎ 髪は肩につかないショートカット



コメントか杉の泊いぬ日記 ~家族のもとへ~のメールフォームまで
情報をお待ちしています、どうぞよろしくお願いします。

併せてリンクでのご協力も、よろしくお願いいたします。
リンクのURL http://kubifurobo.exblog.jp/9971001/

[PR]



by kubifurobo | 2008-10-20 23:57 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

雑種犬 一休 あきらめきれないコレクター魂

【お知らせ】 本日 第1回フリマ出店 ←クリックしてください

【お知らせ】 本日 第1回フリマ途中経過 ←クリックしてください

今日のお散歩はわたしの用事に付き合ってもらいました。
歩いてる途中も出会った人とお祭りの準備の打ち合わせをするのに待たせたり、
用のあるお宅まで歩いて行って、前でしばらく待たせたり。
家の前を通りかかったらちょうど荷物が届いて郵便やさんとお話中待たせたり。
そうこうしていると家に帰らなければいけない時間になってまして。

雑種犬 一休、繋がれてるとなかなかもようさないんですね。
それにこいつだけは少しでも走らせておきたいんです。
そこで、家の前の休耕田で走らせようとボールを投げてやりました。
そしたらですね、横の川に入ったんですねぇ、これが(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
で、ちょっと転がってうまく草に引っかかったんです。母さんグッジョブ!

今は水は少ないですけど、災害時に備えて深くして護岸工事してあります。
一休の兄弟犬、営業部長の母さん(リーダー)が
一休のために日頃からお散歩中にボール拾い集めてくれてるから
だから家にまだいっぱいあるから、そのボールはあきらめてぇぇ・・
と説く母の声を振りきって駆け出すのは若き血潮のせいか・・。


下りちまった・・



ほー、それは良かった。
で、どうやってあがるおつもり?

ったく。
食べ物ならここまでしませんけどね。
ボールだとあきらめきれない。
上がろうとして失敗して・・を2.3回繰り返してちょっと心配になってきたらしいですよ。

右往左往してます


それでもボールは離しません。


ちょっと気弱になってきたようですね。

たそがれてます


それでもボールは離しません。

橋の下じゃなくて丘の上で、家族構成やら間取りやら申告して身分証まで提示して拾ってきたそこのキミ。
ボールを離したら上がれると思うんじゃけど。

仕方ない、降りましたよ。
ボールを取って投げ上げてわたしも上がりました。
わたしが上がった後を着いて一休も無事上がれました┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
(一休はボールに近いところへ下りてそこから上がろうとしてたんです。
わたしが上がったところが一番浅くて一休は楽勝でした。
といっても、わたしが背伸びしてやっと指がかかるくらいの高さはあるんです。
下りましたよ。45歳。)

ボールですか?
草が茂ってるのでどこへ転がったかわかりません。
そのうちまた見つけてくるでしょうよ、きっと。
お気に入りは絶対あきらめられないコレクターですから。
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-18 00:43 | 雑種犬

黒山の人だかり・・になりますように

いよいよ明後日に迫った第1回フリマ出店。
手持ちの不要品のリサイクルのための出店なら気楽なんですけど。
今回の収益如何で生き延びる命がある・・チームのみんなにそんな思いがあるので
いつになく一同に緊張感が漂っている今日この頃です。

ま、チームの中にはただ緊張感が漂うだけのメンバーとそれどころじゃないメンバーありですが。

今日になってようやく部品が揃ったカラー製作班

その後ますます追い込まれ

現在は 「Subject: 家族総出~・」だそうです。
c0075641_2344167.jpg

食卓の上に山と積まれたカラーとパーツに家内製手工業のそこはかとない哀愁が漂っておりますね~。


今回、何としても成功を収めたいのは、もちろんひとつでも多くの命を生かしたいからですが、
わたしたちのその思いを汲んでくださる方々からの応援にお応えしたい気持ちもあるんです。

c0075641_23521194.jpg

c0075641_23515661.jpg

c0075641_23522361.jpg


サイコーの秋晴れの日差しをいっぱいに浴びた犬服。
力強い応援団からの使者です・・せぇだい気張ってや~と。

未使用品ですが全て日干しして消毒も施しましたよ。
人用ならここまでせんね^^;

よろしくお願いいたします(-m-)” パンパン
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-17 00:05 | いぬ日記

振り出しに戻る

久しぶりの杉の泊のいぬ日記です。

月曜日の夜、超突貫で禄、凡と一休用の部屋を作りました。数日前ビビがボコられてしまったものですから。




360×180×90サイズです。
加えて凡が使っていたケージをビビ用に改装して置いてあります。
約85×65×75サイズです。
通路ほどしか空きスペースがない。
でも仕方ない、家族みんなの幸せのためですから。

これでも、安心はできません。
禄と一休が一緒になって体当たりしたら壊れるかもしれないし。
何より凡が越えられるんじゃないかと・・。


昨日の日中、不思議そうな顔をしながらもお昼寝したり時々遊んだりしながら中で過ごしました。
ただ、やっぱり凡は中に入って速攻バリケンに乗って脱出成功・・だったので仮に屋根を設置。
夜は人間と一緒にお布団で寝ました。
ビビはケージ暮らしがすっかり気に入っていて、さっさと自分から中に入ってぐっすり寝てましたから。


今朝、お布団から出てそのまま自室に戻っていただきました。
大丈夫かな?
安心は出来ませんからビビにはケージに入ってもらってわたしは台所へ。

・・・

パタンパタン。
ほらね。
凡がジャンプしてラティスに当たってる音が聞こえてきましたよ。
慌てて部屋に戻ると

・・・

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ



想定の



範囲内の



行動ですね。


母さんふっる~い



うるさい\(*`∧´)/ ムッキー!!


このままじゃ実質(お留守番中とか)使用不能じゃんか。
材料費だけで壱万円近くかかっとるちゅうのに・・。


何にしても凡だけフリーにしとくのはスジが通らん。
一番のトラブルメーカーですからね。
となれば、ケージに入ってもらうしかないですか。
我が家の人気スポットなんですけどね。

案の定、自ら飛び込んでさっさと奥の間でお休みになりました。



振り出しに戻ったさ。( ̄_ ̄|||) どよ~ん





さてさて
ケージの中で大満足な凡から

お知らせがありますよ♪
[PR]



by kubifurobo | 2008-10-15 20:58 | いぬ日記

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧