杉の泊いぬ日記 ・ 2

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧




ひろしまドッグぱーくの犬たち 本当の幸せへ・・・

ひろしまドッグぱーくの犬たち

嬉しい、幸せな気持ちで胸がいっぱいです。
何度も何度も読み返し、その度 涙がこぼれます。

A3エリアのコの新しい家族の方が、ただのいちボランティアである私のブログにコメントを寄せてくださっています。

これは、"ボランティアたちを安心させよう"というお気持ちからだと思います。
なんて心優しい方たちなんでしょう?
次にぱーくへ行く時に、必ずボラ仲間に伝えますね!
きっとみんな、また涙・涙になってしまいますよ。(笑
心から感謝します、ありがとうございます。

そして、生意気を承知で言わせて頂けば このコたちの新しい家族になった事への責任をしっかり自覚しておられるのだと思います。
ネットという凄い伝達力を持つ場でお知らせくださったのですから。
頼もしいコメントに安堵します。

微笑ましい場面が想像できる素敵なコメント、
ぜひこのブログへ立ち寄ってくださった皆さんに読んでいただきたいと思います。


まず、ニューファンの里親になってくださった方。

はじめまして、ボランティアをして下さって感謝で一杯です。
昨日譲渡会で1匹が我が家の子になってくれました。
A3のエリアの子です。

お願いがあるのですが・・・
そのエリアでニューファンの担当をされていた「レオンベルガー」を飼ってらっしゃる女性の方に連絡したいのです。
我が家の子なった子の様子を是非みて頂きたいので、またパークに行かれるのであれば、私のブログを教えて差し上げて下さい。<(_ _)>


ケンイチさんのブログは こちら

なんと、往復1200キロ。広島まで駆けつけてくださいました。

精神的にも身体にも問題の起きやすい超大型犬種を迎えてくださって本当にありがとうございます。
件の女性、ぱーくでは偶然会いましたが、以前からの犬友達。
若いのに口煩かったでしょ?(爆笑
信頼できる犬飼いです。困った事があったらいつでもコメントください。
彼女に相談しますから。(笑
動物大好き一家の一員にしていただけた事、このコにとってサイコ-の幸せだと思います!!


次は、イングリッシュセターを家族に迎えてくださった方。

はじめまして。
土曜日の譲渡会でイングリッシュセターの女の子を家族に迎えた者です。名前は「けん」といいます☆

ボランティアの皆様のおかげで「けん」を我が家の家族の一員として迎えることができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

そして、とても元気いっぱいです!これも皆様のおかげですね!!
一生懸命、私たちの話を聞いています。
存在をアピールしてきます。
可愛く、賢く、健気な子です。

これからも度々お邪魔して、近況報告させて頂きたいと思っています。
デレデレの文章になると思いますが、うんざりせずに読んで頂ければ有難いです。(笑)


いろいろ偉そうな事を書いてきましたが、実は私、初めて実際に触れた犬種だったのです。
イヤもうアグレッシブ
アグレッシブ、頭数も多かったし、痩せてみすぼらしいコが多くて・・・一番心配な犬種でした。
本当にありがとうございます。
もうひとつ実は犬父に、「絶対あんたの好きなタイプの犬種じゃ」とバレバレだった私。
元気で甘えん坊ですっごい可愛い奴らですよね!
どんどん親ばかコメントくださいよ!!楽しみにお待ちしてます。


続いてゴルラブMIXの新しい家族の方。

はじめまして。
私も土曜日の譲渡会でA3のエリアのゴールデンとラブのミックスの女の子を家族に迎えました。ラナと名づけました。

ボランティアの皆様ほんとにありがとうございました。
ラナは推定2才なのに15キロしかなくガリガリですが(先住犬のゴールデンのジェイが40キロもあるもので・・・)元気いっぱいです。

今も私のベットでいびきをかいて寝てます(笑)
ジェイとの関係はビミョ~ですが、時間をかければ大丈夫そうです。
日に日に2頭の関係もよくなっています。

でも、まだパークに残ってる子もいるんですよね。
1日でも早くいいご家族にめぐり合えるように祈っています。


やせっぽちMIXを家族にしてくださって本当にありがとうございます。
元気いっぱいで、甘えん坊で、朗らかな本当に性質の良いコですね。
散歩の後「帰りたくないの」と可愛いわがままを言っていました。
70頭を超える犬たちを、限られた人数・時間で世話する日々。
辛い思いで抱いてバリケンに押し込んでいました。 
早く家族の愛に囲まれる日を・・・と心から願う一瞬でした。
みんな本当にごめんね、悪かったね。
どうぞ、喜んでバリケンに入りたくなるように教えてあげてくださいね。
きっとすぐ覚えますよ。


劣悪な環境で過ごしてきた犬たちです。
この先、どんな事が起こるかわかりません。
でも、みんな良いコです。
このような暖かく、責任を持って家族として迎えてくださる家庭でこそ幸せを得られます。
繰り返しになりますが、本当にありがとうございます、・・・って もうみなさんの家族ですもんね。
少しの間ですが、可愛いご家族のお世話をさせていただいてとても楽しかったです。
ありがとうございます。
よろしければ、これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

※ 3人の方に許可を頂かずに記事にしてしまいました。
嬉しさのあまり先走ってしまって申し訳ありません。
ご迷惑でしたらご一報ください。直ちに削除いたします。




ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ




                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-24 22:51 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月23日のひろしまドッグぱーくの犬たち

ひろしまドッグぱーくの犬たち

コメントをくださっている皆さま、お返事が遅れていて本当に本当に申し訳ありません。
書きたい事だけ書いて、皆さまの声援にお礼も言えない情けない人間・・・と心苦しく思っています。
コメントを読ませて頂いて、皆さまのサイトを見させて頂いて勇気や安らぎをもらい
ブログ更新するとバタンキュー・・・。
本当にごめんなさい、そしてありがとうございます。

リンクで協力くださっている方々、本当にありがとうございます。
ぱーくの犬たちの様子を多くの方たちに知っていただく事は、2度とこのような事が起きない為に
本当に大切な事だと思っています。
拙いブログですが、こんな情報で良ければこれからも宜しくお願いいたします。
心から感謝しています。


さて、土・日は犬父が、今日は私が行って来ました。

土・日共 「お帰り。どうだった?」と私の第一声。
「涙が出て作業がはかどらん」と犬父。

ワイマラナーがいました。
頬に大きな腫瘍、ボランティアで来られていて獣医さんによると悪性の可能性が高いという事でした。
メラノーマかも知れないと。
転移、再発を繰り返す悪性腫瘍です。
愛知から来られた獣医さんの奥様が里親になってくださいました。
面談をするA3のリーダーが状態を話すと、「大変なコを、と思って来たのです」と仰ったそうです。
面談中にもかかわらずふたりで大泣きしてしまったとか・・・。(笑
本当に良かった。

今日行ってみると、72頭+入院中1頭のA3エリアの犬は 10頭+入院中1頭になっていました。
その中から今日は、1頭の犬が新しい家族の元へ行く事が出来ました。

新しい家族と一緒に、犬たちはどんな夜を過ごしたのでしょう?
こんなに心暖かい世界がある事にきっとびっくりしたじゃろうね。

里親審査は非常に厳しく行われていました。
里親希望の方は、私たち、今まで犬を世話してきたボランティアとじっくり話しをして希望の犬を決められます。
その後、審査の面談。
譲渡が決定するのは、さて 1割程度でしょうか?
面談を受けられる方が決して良くない飼主さんというわけではありません。
個々の犬、里親希望の方の条件がぴったり一致して譲渡となります。

例えば、悪性かも知れない腫瘍を持つ紀州犬。
里親を希望された方は、隣の山口県から昨日も来られたそうです。
「どうしてもこのコの事が気になって」、と今日も足を運んでくださいました。
16年一緒に過ごした犬を看取られたご夫婦です。
腫瘍の治療も覚悟されていました。
「ダメだった」と涙ながらに報告に来てくださいました。
理由はまだハイハイの幼いお孫さんが同居だからだったそうです。
腫瘍以外の、例えば皮膚疾患や回虫などは乳幼児に感染の恐れがあります。
この紀州犬にはその可能性があります。

こういう細かい情報を、面談の前に里親希望の方にお知らせできる態勢を整えるべきですね。


今夜もぱーくで過ごす犬たちです。(各画像はクリックして頂くと大きくなります)


とても怖がりさんだけど
ボランティアにはすっかり甘えるドーベルマン。
里親希望がありましたが成立せず。
早く充分に甘えられる家族が出来ると良いね。




このコは元A1エリアのジャックラッセルテリア。
(犬の数が減り、A1・3の区別が無くなりました)
後ろ足が奇形ですが元気いっぱいの甘えん坊。




以前にも見ていただいたロトワイラー。
希望される方もおられましたが
大型犬も室内飼育が条件である事。
このコは他の犬が苦手で多頭飼いには向かない。
そのような理由から面談には到りませんでした。
「気に入った」「一緒に暮らしたい」だけでは
譲渡成立しません。




遊び好き、とても可愛いイングリッシュセターの女の子。
一押しの犬です。
次々行われるも面談で譲渡成立せず。




今夜の散歩でもボランティアに甘えん坊してました。




同じイングリッシュセター。
この犬種自体なじみが無いせいもあるでしょう。
殊にオスは大きな体で落ち着き無く動き回ります。
最初この犬たちは、散歩させるボラの事は一切眼中にありませんでした。
それでも、少し運動させしっかり撫でてやると態度急変。
みんな、ボラにはしがみついて甘えてきます。
こんな可愛い姿を見せてくれます。
ところが、初めて会う里親希望の方はやはり眼中に無い。




甘えては来ない(どころか無視される里親希望の方)。
大きな体でハチャメチャに動き回る。
本来の美しい姿にほど遠いみすぼらしい容姿。

でもね、12頭くらいいたのが4頭にはなってたんですけどね。
あんたたちの良さをわかってくれる人間もいるのだよ。
安心して 新しい家族を待っていていいよ。




ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ




                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-24 02:20 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月19日ひろしまドッグぱーくの犬たち

ひろしまドッグぱーくの犬たち

遠方からナナパパさんが現場ボランティアに参加されました。
ぱーくには行っていても、犬の世話をする私たちには見れない物資ボランティアの様子を詳しく書かれています。
ぜひぜひご覧ください!! →こちら



ボランティア同士での話題がどうしても譲渡会のことになる今日この頃。
どうか幸せになれますように・・・ 祈る思いでいます。

A3(大型犬エリア)で一緒の 毎日来られている女性ボランティア、ミニチュアシュナウザーを飼われています。
ぱーくの犬を幸せにしたい思いと先住犬との折り合いを考え、A1(小・中型犬エリア)のミニチュアシュナウザーの里親を申し出ておられました。
先日より、現場ボランティアが譲渡を希望している場合 譲渡会に先立って随時面談を受けています。
(これは21・22日の混乱を出来るだけ防ぐ為と、譲渡会時にもボランティアに参加できる様にする為の配慮であって決してボランティアに優先的に譲渡されるわけではありません。)

面談時の説明で「譲渡が決まったら速やかに自宅に引き取るように」と条件があったそうです。

「今日は用事があるからボランティア休むつもりだったんじゃけどね」と朝の作業をされていたこの方、
今日は里親を断る為に来られたそうです。

面談を受けてから何をしていても涙が出て仕方が無い・・
何故?と考えてみると、22日の譲渡会で里親に決定してミニチュアシュナウザーを引き取ったらもうボランティアに参加する事が出来ない。
今回の譲渡会で里親の決まらなかったA3の犬たちのお世話を出来なくなるから・・・。
このコたち(A3エリアの犬たち)を放ってはおけない! 

そんな思いからこぼれる涙、苦しみながら断る里親希望。

可愛いい姿や性質を持ったコはきっと良い家庭に恵まれるだろうから、
それでは、と 見た目や(ゴメンネ、犬たち (笑 )性質に問題のあるコを、と考えても
結局出る言葉は「残ったコにする事に決めた」。
一緒に作業する人たち、皆 絶対犬を連れ帰らない!と心で言い聞かせ始めたボランティアです。
でも、やっぱり愛しくなって
でも、このコを!なんて決めるなんてできなくなってしまいました。



ぱーくの犬たち、どんどん本領発揮しています。
それぞれの知恵を使っています。
人を見分け我儘を言います。

例えば、画像を見ていただいていないスタンダードプードル。
昨日から、掃除のため出した後、クレートに戻るのを嫌がります。
補佐に入って身体を持つと 声は出しませんが喉が「ウー」と鳴っています。
散歩から帰って、もちろんクレートに戻るのを嫌がります。
補佐に入り、抱き上げてクレートに入れる私の手に振り返り歯を当てました。
無視すると大人しくなり、その事を誉めると甘えてきます。
すごく頭が良い。
こんなコにこそ家族が必要です。
それぞれの家庭で 、して良い事 悪い事をすぐ覚えてくれるはずです。

世話をする人間が一定していない今の状況では犬もどうすれば良いのか解らないでしょう。


工夫する犬の姿をご覧ください。(画像をクリックしていただくと大きくなります)


レトリーバーですから、
与えられたご飯を食べ終えたら
食器をレトリ-ブして次を要求。




右目がブルーアイのハスキー(MIX?)
片手で食器回収を拒否しています。









ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ




                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-20 01:27 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月18日ひろしまドッグぱーくのいぬたち

今日はボランティアの人数が足りていたので、リーダーの配慮で17:00に帰らせて頂きました。
帰り道、ひとつ下の集落で猪ファミリーに遭遇。
お母さんとウリ坊3匹、原付徐行後一旦停止 暢気な猪一家の横断を待ちました。


ひろしまドッグぱーくの犬たち

昨日はボラ お休みを頂いたので、今日は写真撮影休止 作業に没頭。
というわけで、日曜の様子をもう少しご覧下さい。(各画像はクリックしていただくと大きくなります)


度々登場頂いている
イングリッシュスプリンガ-MIX。
自分が行きたい方に向かってストライキです。




無視する犬母にカーミングシグナル。
すごい!犬らしい反応してくれる!
感動です!!




自分で考えて誘導に従ってくれたお礼に
大好きな 遊びながらの撫で撫で をプレゼント。

なんて愛らしいコなんでしょう!?




こちらは以前 上のMIXと同じ開放エリアにいたフラット。
私がクレートをきれいにする間
リーダーに思いっきり甘えん坊。




ニコニコの幸せ顔を見せてくれます。






昨日 たった一日行っていないだけでA3エリアのコたちの様子は随分変わっていました。

昨日、日曜の様子を見ていただいたロットワイラー、
自分でクレートを真中に移動させ、サークルの中を常にグルグル回って全く落ち着かない様子でしたが
今日はクレートの中で寝ていました。
クレートは設置された隅に置かれたままでした。

ハチャメチャだったオーストラリアンシェパード、
散歩の後、犬舎の入り口近くでお座りしてボランティアに寄り添っていました。
前足を踏ん張っています、「まだ帰りたくない!」と我儘を言っているのです。

甘えて犬らしい我儘を言うコが多くなりました。

全ての犬ではありませんが、
ここの犬たちの多くはもうレスキューされた可愛そうな犬ではなくなりました。
希望を持って新しい家族を待つ犬たちです。
このコたちには"家庭"が必要です。
たっぷり甘えさせてくれ、間違ってる事は「いけないよ」と教えてくれる家族が必要です。

つい先日までは、とても今のボランティアの家で無いと暮らしていけないように見受けられましたが
少しずつ状態が変わっています。

でも、精神的にも身体にもいつどのような問題が起きるか分からない犬たちです。
どうかどうかそのような事を 充分に覚悟された家族に囲まれて暮らせますように・・・。




ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ





                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-18 23:59 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月15日ひろしまドッグぱーくの犬たち

今日はひろしまドッグぱーく行きはお休みしました。

我が家の犬たち、毎日短いお散歩(お散歩無しも時々) あまり構ってもやれないのによく頑張ってお留守番してくれています。
先月27日以来、久しぶりにたっぷり散歩させ、構ってやりました。

行かなければやはり気になる ドッグぱーくの犬たち、
体調の悪くなったコはいないかな? みんなお散歩できたかな?
そして少ない人数で頑張るボランティア仲間。
こんな私でも、ひとり欠ければ他の人に負担が掛かります。
みんな、勝手してごめんなさい。


ひろしまドッグぱーくの犬たち

土曜は犬父が、昨日月曜は犬父・母ふたりで行ってきました。


現場ボランティア、少ない人数ですが出来るだけ犬たちの心のケアにも心掛けています。
(各画像はクリックしていただくと大きくなります)



イングリッシュセッターはどのコも元気いっぱいです。
このコはどうもミニチュアダックスを見ると気になって仕方ない様子。

まさか、獲物だと思っているんじゃないでしょうね!?








イングリッシュセッターのような元気なコは
思い切り歩かせたり走らせた後、
一緒に座って撫でてやるなどして気分を落ち着かせるようにします。














リーダーのひとりも、
別のイングリッシュセッターを撫で撫で。

この方、犬を飼われていないのに本当に扱いが上手くて尊敬です。








このコは私が散歩させたオーストラリアンシェパード。

散歩させる人間のことなど全く眼中に無い
ハチャメチャ振りでしたが、
思い切り運動させた後、ガッチリ掴んで撫で続けていると
すっかり身体を預けて甘え、
じっと立っていられるようにもなりました。











このコはとても怖がりさん。
犬種は何でしょう?
他の犬と仲良く出来ないので
A3エリアの隔離場、室外のベランダにいます。









先ほどのリーダーが優しく接していて
一緒にお散歩を楽しんでいました。
サークルの中ではいつも尻尾を丸めていたのに
この尻尾見てください!

歩く姿がとてもきれいです。











このファラオハウンドがまた特別の怖がりさん。
とても神経質になっています。
多飲多尿を繰り返しています。

本来は快活で遊び好きの犬種。
もっとじっくり側にいてフォローしてやりたい・・。











スタンダードプードル。
Bエリアから引っ越してきたコです。

環境の変化のせいか自己主張せず
じっとしている事が多いようです。

散歩に出てもリードを引く犬母の事は
いっさい眼中に無く周りに過敏に反応しているようでした。

日向に座ってなんでも無い事を話しながら撫でていても
身体を固くしていましたが、
本の少し緊張が解けたようなので覗き込んでみると目を細めてくれていました!!
こんな瞬間がとても嬉しい!
なんじゃ、すっかり嬉しくなってたんじゃんか!(下半身に注目下さい)



ロトワイラー、ほかのコにガウガウなので A3隔離場 ベランダ住まい。
慣れない人間にも緊張してしまいます。
でも少しずつ心を許してくれていて
サークルの近くに行くと 犬父にも私にも短い尻尾を振ってくれます。

月曜の作業終了間近には
撫でてやっているとすっかり身体を預けてきて
手を休めると顔を擦りつけて「撫でて」と要求してくれるようになりました。










犬たち、本当によく頑張ってくれています。
その姿に感動します。
何故、
辛い目に会いながら まだ人間を許し、そして信じようとしてくれるんだろう?
なんて 犬たちは素晴らしい力を持つ存在なんだろう?


多くの方の支援に支えられ ぱーくの犬たちは今日もまた力強く幸せへの一歩を踏み出した事でしょう。



ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ



                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-18 01:00 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

ごめんなさい 10月13日のひろしまドッグぱーくの事を少し

まず、コメントをくださった皆様、お返事が遅れていて本当に申し訳ありません。
何をしてもトロクサイ犬母で また、しっかり睡眠を取らないと体が動かない犬母であります。
なかなかお返事まで到りません。
本当に申し訳ないです。
そして、皆様のご声援により 頑張ってドッグぱーくへ行けています。
本当にありがとうございます。

ひろしまドッグぱーくの犬たち

さて、今日の ひろしまドッグぱーくですが、
またまた申し訳ありません。
今日は写真を撮る余裕がありませんでした。

本日も昨日と同じ 大型犬種エリアでの作業でした。
今日は、お散歩は他の方々がしてくださり、犬母は雑用係りでした。
雑用というのは やってもやってもきりが無くて、
カメラを取りに行く暇にあれもしたい、これもしたいとなってしまいました。
(あ~ポケットに入る小さいデジカメが欲しいよ~)

今日とても嬉しかった事!
今日から、12:30~13:30の間、
Aエリアの犬舎(小・中型のA-1 大型のA-3は並んだ建物です。)及び、前の通路(作業スペースでもあります)立ち入り禁止になりました。
もちろん 作業効率は落ちますが、犬たちの為にはとっても嬉しい事です。
常に多くの人間がバタバタと出入りするのでは、経営中のぱーくと同じ負担を犬たちに掛けてしまいます。
例えそれが犬たちの為であっても、犬たちが疲れるのは同じ事ですもんね。
家の犬たちを見ていても、きっと皆さんのお家のコもお散歩とご飯以外はこれでもか!?ってくらい寝てますよね。
ぱーくの犬たちもゆっくりお昼寝を楽しんでくれた事でしょう。

ボランティアというのは、手弁当が常識です。
でも、皆さま!素直にありがとうございます!!
昨日行ってみると、コカコーラ様の冷陳ガ設置され飲み物がぎっしり!
それに、ボランティア用にカップ麺や時にはおむすびも・・・。
もう 正直とても嬉しい!!
汗びっしょりになるので1リットルの飲み物は必需品の犬母、行きのリュックが重い・・・。
お弁当は傷みそうで恐いからパンを持参、
飲み物や長靴、着替えの重みで潰れたパンを頂いていました。
支援物資は犬たちの為、と分かっていながらもとてもありがたいです。
本当にありがとうございます。

消毒液もしっかり使えて嬉しいです。
これも持参するとリュックにもう1本ペットボトルが・・・。
その1本はどうしても保身の為に、となってしまう人間が小さい犬母。(情けない)
でも、今はぱーくのコに触る度に消毒でき 次のコを安心して抱いてやれます。
本当にありがとうございます。

現場ボランティア、皆さまの声援と支援により犬たちが元気になる姿を見させていただいてます。
本当に本当にありがとうございます。


土・日はノラで稼いできます。

月曜は・・・「犬母さん、朝の作業 私来られなくてとても心配なんです。どうでしょう?」(リーダー
あ~もう!来させて頂きます!!
前夜の飲み過ぎに要注意の犬母です。

面白くも無い文章を長々とすみません!
また、ぱーくの様子報告させていただきます。
次回は出来る限り画像付きで・・期待せずお待ちください。



ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ




                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-14 01:27 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月12日のひろしまドッグぱーくの犬たち


ひろしまドッグぱーくの犬たち

頑張りやさんの原付のおかげで 今日も行けました、ひろしまドッグぱーく。

言い訳ですが、先週 先々週と2週続けてファームノラからの帰り道、家の近くで熊さんに遭遇した犬母です。
夜道が怖い 犬母、暗くなるまでに家に帰りたい・・・。
でも、夕方の散歩は17:30から・・・。
でも、夕方になるとボランティアの数がどっと減る・・・。
リーダーさんに「夕方の散歩行ってもらえますか? あ、熊に会ったら大変ですよね」
んー「でも、1匹でも2匹でも行けるだけ行ってから帰ります」
という訳で、今日の写真は寝姿ばっかりです。(各画像をクリックしていただくと大きくなります)
(ニコニコ元気な写真を撮る余裕がありませんでした)

昨日は中・小型犬の、今日は大型犬の犬舎で作業しました。
大型犬は数が少なく(と言ってもおおよそ70頭はいますが)とても機能的に作業できます。
16:00から 夕方のご飯準備、餌やり、後片付け。
胃捻転を起こさないように、1時間ほど休憩した後 夕方の散歩です。
その1時間の休憩中、犬たちはとても穏やかに過ごしています。

こんな姿がこんなに早く見れるなんて・・・以前からは考えられません。
夢のようです。
そおっと バリケンを覗くボランティアたちの顔も自然に緩みます。


小さいけどコリーです。
最初の頃のようにカメラに怯えたりせずぐっすりです。




小さいハスキー。
まだ若いか、パピ-かも。
お腹を出して寝ていましたが、
カメラを取って戻ると横になっていました。
残念!
でも、とても幸せそうでしょ?




マスチフもこんなに穏やかな表情です。




上のコとは別のマスチフ。
このコたちは痩せていて、床ずれもあります。
(大型犬にはこのようなコが多いです)
でも、怯えながらも少しずつ外の匂いをかぎ、
クレートではのんびり過ごしています。




ごめんなさい、出来れば私はここにいるボランティアの元で暮らせる犬が1頭でも多ければ良いと思っています。
今は"見学者"の方はおられませんが、
残念ながら「無料で犬がもらえる」と考えられているように見受けられる方もおられました。
どうかここの犬たちにはもう辛い思いをして欲しくない。
偉そうなことを言って申し訳ありませんが、出来る事なら犬を飼った経験のあるお家で、
そして理想は、お世話をしているうち可愛くて仕方なくなった・・・というボランティア家が最高ではないかと思うのです。

今日、同じボランティアの方と話しました。
その方の家には4歳の女の子の犬がいる、と言う事で「このコとこのコが気になっているの」と、


そのうちの1頭はこのコです。
以前ご紹介した、世を拗ねていたかと思えば
あっという間に甘えん坊の本領発揮した
イングリッシュスプリンガ-(MIXでした)。
お勧めしました!!
多頭飼いに何の問題も無い!
甘えん坊でものすごく可愛いコです!
今日はこんな格好でぐっすりです。




この秋田、バリケンの小さな段に腰掛けて
ドアにもたれゆったりしています。




「なんか、奥のドーベルマンずっと背中向けとるんよ」と言われ
犬母「あのコ怖がりなんですよ」
心配になって一緒に様子を見に行ってみると
二人して笑ってしまいました。
このコ、この格好でゆらゆら・・・
舟漕いでました。(今にもイヤ、ほとんど寝てます)




皆さんからの支援の品々、大切に使わせて頂いてます。
送っていただいた物資は物資管理のボランティアが犬たちがいるのとは別の場所で荷解き、仕分けして(ここは下にあるので)
車で犬たちがいるところにある物資室に運び込まれます。
私たち犬世話係りはそれぞれの犬舎で必要なものを物資室にとりに行きます。

各犬舎でも、効率的に無駄なく使えるように整理して管理出来るようになりました。




たくさんの方の愛で犬たちはどんどん元気に、
そして本当の幸せへの準備をしています。
でも、小さなミスでそれが台無しになってしまう危険があります。
いちボランティアではありますが、細心の注意を怠らないよう肝に銘じて作業します。
多くの方の愛を感じながら・・・。



ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ




                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-13 00:37 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

10月11日のひろしまドッグぱーくの犬たち


ひろしまドッグぱーくの犬たち


10日ぶりに行ってきました(原付も今日は良いコで頑張ってくれ) ひろしまドッグぱーく。

犬母、浮き足立っています、ヘラヘラしてます、
嬉しくて、安心して 酔っ払っています。

10日ぶりのドッグぱーくは予想以上に良い環境になっていました。

私の今日の主な作業は、糞尿にまみれる事では無く 犬たちの散歩でした。
既に散歩をさせてもらえる状況になっている犬たちは
クレートの中でウンチをして不快な思いをしなくて良くなっていました。
現場ボランティアの数が増え、クレートの中でオシッコしてしまっても以前のように長く放置されません。
全ての犬のクレートに給水器が付いていました。

古くて大きいデジカメを使っていますので、作業中は撮影できず 帰る前に大急ぎで撮りました。
今回は数が多くなってしまいました。
今日の(もう昨日ですが)犬たちの様子をご覧下さい。(各画像はクリックしていただくと大きくなります)




夕方のお散歩中のダックスです。
怖がる事も無く、のびのびと散歩させてもらっていました。




こちらはお散歩から戻ったビーグル。
犬舎の前には作業中のボランティアの使った消毒液が流れているので、
舐めたりしないよう
抱っこで中のクレートに戻ります。

お兄さんにすっかり甘えん坊していましたよ。




ちょっと怖がりさんで 抱っこでお散歩中のミニチュアダックスフント。

ボランティアにも余裕が出て、焦って歩かせなくて良くなりました。





多くの方の愛の支援により、
お散歩場にウンチ収集用のビニール袋が設置されています。
実際にはほとんど新聞紙で回収していますが、
分別を考えると新聞の方が良いのかな?
この辺りは地区事の収集によるでしょうから、
広島市民で無い犬母にはよくわかりません、
すみません。

ウンチした後を消毒液で流せるようになっていました。
もちろん、多くの方の支援のお陰です。




お散歩の途中、すっかり甘えん坊しているラブ。
なんて幸せそうな姿なんでしょう。




お散歩!お散歩!
張り切りやさんのハスキーMIX?




クンクンしてるけど、ちょっと怖がりさんのジャックラッセルテリア。
この後、お姉さんの足元にくっついて膝をクンクンしていました。

人間の膝って匂いが出易いですかね?
よく匂われませんか?




充分とは言えないでしょうが、
細部に注意が行き渡ってきています。
病院へ行ってないコにも
"何月何日 下痢"のような注意書きがクレートに貼られていました。




扉が開いているバリケンは"只今散歩中"です。
平日にも係わらず、ボランティアの多さに感激!




夕方のご飯が終わってすっかり寛いでいる様子。
大型犬種の犬舎のコです。




このコも同じ犬舎のコ。
実はね、このコたち、
今から夕方の散歩があるんですよー!!




ものすごーく甘えん坊のゴールデン。
これ以上の言葉はいりませんね。




こんなことされてもぜんぜん平気なんですよ!!




今日見たコたちは、どのコも皆「飼主がいる犬と何処が違うんだろう?」というコばかりでした。
元気いっぱい走り回るビーグルや、帰りたくないとストライキで伏せるコーギー、
もちろん、疥癬や怖がりなど少々問題を持っているコもいましたが、
そんな事は普通の家庭犬にも起こりうることです。
家族の愛さえあれば クリア出来る問題です。
このコたちが暖かい家族と暮らせる日はそう遠くないでしょう。
本当に嬉しい・・・。


この犬たち以外に・・・
不幸な運命を背負ってしまった犬たちがいますね。
目をそらしてはいけない事実が・・・。
いろんな方のブログでその事には触れられています、
とても卑怯な事ですが、私は、今は、悲しみは心の奥底に抱いて
将来ある犬たちのため、笑顔で犬たちの事を紹介していきたいと思います。
今、ドッグぱーくにいる犬たちが人間を信頼して新しい家庭で幸せを掴めますように・・・。






ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ



                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-12 01:14 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

1週間のご無沙汰でした

いや~よくさぼりました。 1週間ぶりの日記です。

1週間ぶりと言えば・・・
な・なんと我が家の犬たち、今日1週間ぶりに散歩に出ました。

と言うのも、先週の火曜日の朝 30分ほどの短い散歩の後、犬母はファームノラへお仕事に。

帰ってみると・・・

4匹全員のカラーとリードが破壊されとりました。(T_T)


犯人はオレっすよ。




我が家は4匹のカラーとリードを玄関のフックに掛けています。
犬母の留守中に ジャックラッセルテリア 凡が玄関への引き戸を開け、退屈しのぎにやらかしたのです。
玄関へ飛び出して、リード(カラーの付いた)を部屋の中に持って入って玩具にするのは凡の以前からの楽しみでありました。
つまり、真の犯人は きちんと戸締りしてなかった犬母であります・・・。
ま、それは置いといて(オイオイ!) 身体の空いた本日、やっとカラーとリードを購入、1週間ぶりの散歩となりました。

余談ですが、面白かったのが
ビーグル 喰太とビビのカラーは留め具を破壊した後、玄関の土間に放置。
自分のと バセットハウンド 禄のは部屋まで持って入っていました。
更に 大好きな禄のはさんざん噛んでボロボロにしていました。
大好きな飼主の下着なんかを噛みたがるのと通じるところがあるんかな?


1週間ぶりに お散歩中のご褒美をオスワリで待つ 喰太。




1週間ぶりに 落ちている田んぼの土を貪り食う 喰太 ビビ 凡。




1週間ぶりに 野性味溢れる男に憧れ 野生動物の糞を身体に擦り付けようと頑張る 禄。
(犬母に引きずられ、糞に直接身体が触れていない事には気付いていません)




1週間ぶりに "犬が歩けば野菜が当たる"杉の泊
間引き大根葉をもらうために真面目な顔をする 食いしん坊犬たち。




よくまぁ、1週間も散歩無しでお留守番頑張ってくれたね、ありがとう。




ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ



                   杉の泊いぬ日記


そんな1週間どう過ごしましたか?
[PR]



by kubifurobo | 2006-10-10 23:17 | いぬ日記

すみません しばらく ひろしまドッグぱーく行きお休みです


ひろしまドッグぱーくの犬たち


リンクでご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。


ぱーくの犬たちが気になって覗いてくださった皆様、申し訳ありません。

連休明けまで仕事が入ってしまいました。
次に行けるのは早くて10月11日(水)になります。

次回行けた時には又、へたくそ写真ではありますが
力強く そして更にパワーアップしているであろう
犬たちの笑顔を見ていただきたいと思います。



ところで、現場ボランティアの仕事というのは・・・
汗と糞尿と犬たちの吠え声と得体の知れぬ菌にまみれる、
というものです。


そこで私たちは
汗を流したことでひとつのクレートやケージがきれいになり、1頭の犬が少しの間でも快適に過ごせるようになった事を喜び、
軟らかいウンチを見て、「あんた調子に乗って食べ過ぎたんじゃないんね」と犬をひやかし、
「こんだけ騒ぎゃぁ 疲れたじゃろ よう寝られるで」と更に犬をひやかし、
少しの感染も外で起きないよう サウナスーツのようなビニールカッパで痩身効果に期待します。
ビニール手袋からも長靴からも引っくり返すと汗が流れ落ちます。


そして犬たちがたくさんのプレゼントをくれます。
キラキラ輝く目で見つめてくれます。
怯えてクレートから出られない犬を、少しでも日光浴させようと抱いて連れ出し
そっと片隅の地面に下ろして喧騒が見えないように体で覆い
たわいない日常の事など話し掛けていると
少しずつ身体が軟らかくなるのが分かり
やがて私や地面の匂いを嗅ぎだし
そして感動の1歩を踏み出してくれます。
(怖がりワンコを地面に下ろすのは余裕のある時にしましょうね。
せっかく散歩に出たのに歩けない時は・・・ いいじゃないですか、今歩けなくても!
"こんなに怖い世の中"に出た犬をいっぱい誉めてやりましょうよ!
彼らはもう"可愛そうな"犬じゃなくなったんですから、今までよりずっと素敵な未来があるのですから!
あなたからそのワンコに「もう大丈夫、今からいっぱい良い事があるよ」と伝えてあげましょうよ。
そして、今まで頑張って生きてくれたこと、感謝の気持ちで誉めてあげましょ)


現場にボランティアに行かれる方は糞尿や感染に対応できる準備で行きましょう!

現場ボランティアは全国のみなさんの暖かい声援を受けて 生きる力を蘇らせた犬たちの、
素晴らしい瞬間を見ることが出来るのですから!

ひとつの支援物資も粗末にせず、犬たちのための多くの方の気持ちを思い大切に使わせていただきましょうね。



ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ





                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-04 23:42 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧