杉の泊いぬ日記 ・ 2

10月18日ひろしまドッグぱーくのいぬたち

今日はボランティアの人数が足りていたので、リーダーの配慮で17:00に帰らせて頂きました。
帰り道、ひとつ下の集落で猪ファミリーに遭遇。
お母さんとウリ坊3匹、原付徐行後一旦停止 暢気な猪一家の横断を待ちました。


ひろしまドッグぱーくの犬たち

昨日はボラ お休みを頂いたので、今日は写真撮影休止 作業に没頭。
というわけで、日曜の様子をもう少しご覧下さい。(各画像はクリックしていただくと大きくなります)


度々登場頂いている
イングリッシュスプリンガ-MIX。
自分が行きたい方に向かってストライキです。




無視する犬母にカーミングシグナル。
すごい!犬らしい反応してくれる!
感動です!!




自分で考えて誘導に従ってくれたお礼に
大好きな 遊びながらの撫で撫で をプレゼント。

なんて愛らしいコなんでしょう!?




こちらは以前 上のMIXと同じ開放エリアにいたフラット。
私がクレートをきれいにする間
リーダーに思いっきり甘えん坊。




ニコニコの幸せ顔を見せてくれます。






昨日 たった一日行っていないだけでA3エリアのコたちの様子は随分変わっていました。

昨日、日曜の様子を見ていただいたロットワイラー、
自分でクレートを真中に移動させ、サークルの中を常にグルグル回って全く落ち着かない様子でしたが
今日はクレートの中で寝ていました。
クレートは設置された隅に置かれたままでした。

ハチャメチャだったオーストラリアンシェパード、
散歩の後、犬舎の入り口近くでお座りしてボランティアに寄り添っていました。
前足を踏ん張っています、「まだ帰りたくない!」と我儘を言っているのです。

甘えて犬らしい我儘を言うコが多くなりました。

全ての犬ではありませんが、
ここの犬たちの多くはもうレスキューされた可愛そうな犬ではなくなりました。
希望を持って新しい家族を待つ犬たちです。
このコたちには"家庭"が必要です。
たっぷり甘えさせてくれ、間違ってる事は「いけないよ」と教えてくれる家族が必要です。

つい先日までは、とても今のボランティアの家で無いと暮らしていけないように見受けられましたが
少しずつ状態が変わっています。

でも、精神的にも身体にもいつどのような問題が起きるか分からない犬たちです。
どうかどうかそのような事を 充分に覚悟された家族に囲まれて暮らせますように・・・。




ひろしまドッグぱーくの犬たちの事を 一人でも多くの方に一緒に考えていただきたいと思います。



ご協力お願いします  → 人気blogランキングへ





                   杉の泊いぬ日記

[PR]



by kubifurobo | 2006-10-18 23:59 | 新しい家族募集犬 迷い犬情報

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧