杉の泊いぬ日記 ・ 2

2009年 ひろしまドッグぱーく 楽しい勘違い

2006年広島市佐伯区湯来町 犬のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」
経営困難のため閉園。
後に残された500頭とも言われる犬たちは非常に過酷な状況に置かれていました。
9月末、餌を与えることさえ出来なかった経営者は犬の救援のためのボランティアを受け入れました。
9月28日からわたしたち夫婦もこのボランティア活動に参加しました。

この間に病を抱えながらもQOLを保ち過ごしていた ビーグル 喰太が
10日間寝込んだ後、苦しむことなく旅立ちました。

人生の苦しい時に迎えた喰太はわたしの体の一部のような犬でした。
喰太のおかげで随分癒され、その恩返しをしたいといつも考えていて
その気持ちがドッグぱーくでのボランティアに繋がったともいえます。

そして今度はドッグぱーくの犬たちが喰太の死の辛さを癒してくれました。
泣き暮れる時間があるならドッグぱーくの犬のために使おう。
結局はそうすることでわたし自身が救われていました。
救うつもりが救われて^^; また恩返ししたくなっていました。

近々ボランティア団体は犬を連れて大阪に引き上げるらしい。そんな噂が流れ、
団体のスタッフのひとりからは「自分としては1頭でも広島で家を見つけてやりたい。
協力をしてほしい」と声が掛かりました。
オスの多頭飼いの我が家に成犬を迎えるには不安があり
結局その時残っていた仔犬の中から1頭を家族に迎えることにしました。

それが一休です。
ドッグぱーくの犬たちにはそれぞれ通し番号がついていました。
パ-19 いっくんと呼ばれていた一休の番号です。
犬父がぱーくで救われたことに感謝して一休と名付けました。


さて、今回の宴の前夜ライアンパパから電話。
「”やっと涼しくなったのでまたみんなで遊びたいですね”と
接待部長のとこにメールしたら
忙しくてシルバーウィーク中は遊べません”と返事がありまして。
僕はまたそのうちに、というつもりだったんです。
僕の言葉が足りなくて、申し訳ないと思って接待部長のとこに電話したんです。
そしたら・・明日みんなで集まるんだそうですね。
接待部長もお友達のお母さんに連れてってもらうそうで・・」

「僕、明日仕事なんです。
でも、休めるかも・・なんです。
明日お天気悪そうですよね。
少々の雨なら・・ ライアンは汚れても大丈夫なんです。
たくさん降ってたら無理なんですけど・・」


翌朝は結構な雨。
これは遠方からのライアンはとても無理だな、と思ってたんですけど


黒い三兄弟

ライアンありがとうー!わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪



リーダー(接待部長母)のちょっとした勘違いのおかげで
今回の宴はより楽しいものになりました。
ほうぷさんにこの兄弟たちを見てもらえたのも嬉しかったです。Thank you




思いも掛けずほうぷさんに声を掛けていただいて
思いもしない楽しい時間を過ごさせてもらいました。
犬が繋げてくれた縁。
こりゃまた犬に恩返ししなくちゃ・・ですね^^







あ、お母さん、接待部長


こんなんしてましたよヽ(=´▽`=)ノ





禄のヤツめこのたびはすっかりライアンがお気に入りで(;´Д`A ```



いつも野性児 一休とやりあってる 禄は
ライアン坊ちゃんに鼻にしわ寄せられたくらいじゃ




ちっともこたえません┐( -"-)┌ヤレヤレ...




帰りのライアンは禄の霜でガビガビだったそうです。
ごめんねライアン(≧≦) ゴメンヨー
大切なご子息にこのような辱めを
誠に申し訳ありませんでした ライアンパパペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
これに懲りずにまた遊んでね
[PR]



by kubifurobo | 2009-09-24 12:04 | 犬友達

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧