杉の泊いぬ日記 ・ 2

2009年 ひろしまドッグぱーくで

2006年広島市佐伯区湯来町 犬のテーマパーク「ひろしまドッグぱーく」
経営困難のため閉園。
後に残された500頭とも言われる犬たちは非常に過酷な状況に置かれていました。
9月末、餌を与えることさえ出来なかった経営者は犬の救援のためのボランティアを受け入れました。
9月28日からわたしたち夫婦もこのボランティア活動に参加しました。

先日、当時からこのブログを見てくださっているほうぷさんが連絡をくれました。
「広島に行きます!」と。
「障害の進行と共に世界が少々、狭くなりつつあった私に、
許されざる事ではありますが、あの事件をきっかけに、愛しいワンコ達が、
ボランティアをされた方、とのご縁を結んでくれました。
是非、ワンコ達に、逢いたい、いろいろ教えてくれたアノ仔達に、
逢いたいという思いが募っていた折に、ヘルパーでもある友人が、
行きましょうか!!と誘ってくれたんです。」と。
ほうぷさん、秘密のお手紙公開ごめんなさ~い
改めてほうぷさんの力強さを感じました。
こちらこそ是非お会いしたいです!

ぱーく出身のバセット、クーネルちゃんの飼い主さんぴよりさんがご尽力くださり


楽しい宴の開催です♪






久々の面々も^^



山盛りのパンを頂戴して犬たちも大盛り上がり\(o⌒∇⌒o)/
ニンゲンたちまでお土産を頂いてしまいまして。
ありがとうございますデス<(_ _*)>


いつもわたしたちが遊ばせてもらっているのはドッグぱーくのドッグランです。
宴を一旦中断して慰霊碑にお参りしました。
悲惨な出来事を決して忘れてはいけない。
同じようなことが起こらないように現場を見たわたし自身が
伝えていかなければいけない。
この丘に眠る犬たちが今は空の上で
お腹いっぱい、思いっきり走り回っていられるために。


ほうぷさんが、同伴してくれたお友達が、ぴよりさん
そして誰より犬たちが、わたしに素敵なプレゼントをくれました。
新しい出会い、と友人を。


3年間「ここへ来たい」と思い続けていたというほうぷさんは
ようやく自分の気持ちにケリがつきました。
でもこれは終わりではなく始まりと言うケリです。
私にも出来ることがある、これからも保護活動を続けます。
この3年間友人たちには「犬を飼いたいと思ったらペットショップではなく
保護された犬を迎えて」と言いつづけています。
それ以降、私の周りでペットショップで買った人はひとりもいません。
皆、保護犬を家族にしてくれています。
私は体は動かせないけど発信は出来ます。
と。

自信に満ちたほうぷさんの笑顔はそれはそれは素敵でした。
そして力強く、優しさ溢れる笑顔でした。


笑顔をドッグぱーくに置いて広島を後にしたほうぷさん、
次回はお花見ですね♪
楽しみにしてま~す よろしくぅ(^o^)/



ほうぷさん、Oさん、ぴよりさんすずママさんJUN母さん、ガル母、ダンボ・・
そしてお楽しみゲストさん、楽しい時間を本当にありがとうございました。






お楽しみがいっぱいありすぎましたので次回に続きます♪






ビビはこんなご馳走ももらったよー


[PR]



by kubifurobo | 2009-09-22 23:41 | 犬友達

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧