杉の泊いぬ日記 ・ 2

バセットハウンド 禄 受難なんですけど~

詳しい事は後日怒涛の更新をと予定していますが^^;
昨日(もう一昨日になってしまいましたが)、お尻尾の腫瘍を切除した バセットハウンド 禄。

わたしの飼育経験ではこんなにエリカラ生活に馴染めない犬は初めてです(T_T)

元々こいつは別の名を 大文句 垂造(オオモンク タレゾウ)と言いまして
わがままな甘えん坊です。
良く言えば、見た目と違ってとってもナーバス。

①昨日の病院→手術だけでも大文句を垂れ。
麻酔から覚めても一緒に来たお父さんお母さんはいないし。
挙句なにやら自由に行動できない。
エリカラ着いてますから
しかもナーバスゆえ傷が気になる。

②こちらの動物病院では非常に良い麻酔薬を使っておられるため
術後、麻酔からのお目覚めが良く、
又、切除後はレーザーで幹部をきれいに焼いて縫合。
先生曰く、そのため痛みも少ないらしい。
なのでいつも通り身体は元気。

③首も顔も長いため顔はエリカラから出ている。
ところが手足が短い。
試行錯誤でエリカラを大きくすると飲食どころか歩行にも困難をきたす。

④傷がお尻尾なので陰部や腹部と違ってとーっても舐めやすい。


本犬、困ってます。



ぜーったい舐めさせんといてよと先生から言われてます。
舐めんかったら間違いなく大丈夫だからね~と言われています。



ほいでも~
それがめちゃ大変なんじゃも~ん(T_T)

ほらね、


トイレコーナーにて


本犬もこんなにどんよりだし。

なんか良い方法ないかな・・
今日は商品化出来そうなくらいエリカラと闘ったいちにちでした(ー。ー)フゥ







お尻尾の先端から5センチくらい
ちょうどカーブのところに出来ていました。

サイズは 触った感じでウズラタマゴ大。

気付いて1週間後の手術。

大きさは気付いてから変化なし。

リンパのあるところや腹部、手足の先は日常的に注意して触っていましたが
お尻尾はいつも片手でさっと触っていました。
そのため、徐々に大きくなったか急に大きくなったか自信がありません。
徐々に大きくなっていれば良性、今日に大きくなっていれば悪性の可能性大です。
受診の前、わたしとしては突然こんな大きなの・・とドキンとしました。

血液検査の結果、転移はありません。

先生は脂肪腫であろうと。
触診でフィフティーフィフティー。
切除手術後、ほぼ悪性と。
また、手術は成功、全てきれいに切除できた、とのことです。


今は病理検査の結果待ちです。


【追記】この先生、かなり大雑把なわっはっはタイプ。
所見の信憑性は???です。
[PR]



by kubifurobo | 2009-06-20 01:04 | バセットハウンドのお話し

ビーグル バセットハウンド ジャックラッセルテリア 雑種犬に猫も一緒に山暮らし 
by kubifurobo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧